〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口284-4   駅から徒歩2分

不動産売却専門店株式会社 A・Rホームヘッダーロゴ不動産売却専門店株式会社 A・Rホームヘッダーロゴ

住んだまま売却

トップ画像トップ画像

■ 住んだまま売却とは?

住宅ローン債務者はA・Rホームに持ち家(不動産所得に準ずる資産)を売却して、そのお金を住宅ローンの返済に充てます。同時にA・Rホームと物件の賃貸借契約を結んで、持ち家を賃貸(リース)として借ります。
住んだまま売却であれば、住宅を売却することで債権者への返済もできますし、所有権はなくなりますが賃貸として、お気に入りの家に今後も住み続けることができます。また所有権はなくなるので固定資産税などの支払いの必要もなくなりますし、引越しの必要もありません。

■ 住んだまま売却のメリット

短期的なメリットが大きい

メリットメリット

●まとまった資金が手に入る。
●子供の学校区が変わらない。
●引っ越し費用が掛からない。

●売ったことが近所に知られない。
●カードローンの返済に充てたい。
●子供の大学入学金に充てたい。

任意売却

■ こんなことでお困りの方

会社の事業を縮小しようと考えており、所有不動産を売却して事業資金の負債を圧縮したい。

収入が減少し、住宅ローンの返済を滞納しており、自宅を売ってローンを返済し引っ越したい。

離婚することになったので、夫婦で購入した自宅を売却したいが、売却額が返済額(残金)に届かない。

任意売却がある?

任意売却とは、一般に、抵当権などが設定され債務の担保となっている不動産を、民事執行法による競売手続きのような法定の手続きに移らなく、その所有者が債権者の同意を得て任意に売却し、その売却代金をもって債務の弁済を行うことをいいます。 ポイントは、競売などの強制的手続きを介さずにあくまで関係者の合意に基づいて行われるという点であり、債権者・債務者の双方にとって、後述のような大きなメリットがあります。このため、金融機関などの債権者としても、競売にするよりは任意売却を希望することは多く、任意売却は債権回収の手段として利用されています。

■ 任意売却は、専門の相談機関へ

住宅ローンを支払えず、やむを得ず自宅の売却をお考えの場合、一般の不動産会社でなく、当社のような売却専門機関に相談することをおすすめします。マンションなどの投資物件のローンが支払えなくなって売却したいという場合も同じです。理由は、大きく3つあります。

1.任意売却の知識や経験がない


こういったケースの場合、通常の不動産売却でなく「任意売却」となります。一般の不動産業者では、任意売却の知識や経験がなく、適切な対応ができません。当社は売却の専門会社ですので顧問弁護士への相談も可能ですし、安心して売却できます。

2.売却後に残る債務をどう支払うかの問題がある


ほとんどの場合、オーバーローンになっているため、売却益で全額返済することができず、売却後に残った債務をどうやって支払うかの問題があります。支払いが困難な場合は、債務整理を顧問弁護士に相談することになります。当社が代理人となって債権者との交渉を行ってまいります。

任意売却のメリット

■ 高額の売却代金を期待できる

任意売却による不動産処分の場合、通常は時価による不動産の売却となるのに対し、競売の場合には、特殊な市場での売却となることから、時価よりも低額な売却額となることが一般的です。この点は、債権者である金融機関などからすれば多くの回収額を得られるということになり、債務者側としても負債額をより大きく圧縮できるということになるため、双方にとってのメリットであるといえます。

■ 早期の売却が期待できる

競売の場合、競売対象不動産の現況調査や不動産鑑定士による評価、物権明細書の作成、入札手続き、代金納付、配当など一連の手続きを裁判所主導で行うことになり、その完了までには通常1年程度の期間を要します。これに対し、任意売却では、利害関係者が相当多数に上るなどの特殊な事情がない限り、これよりも短期間での売却が可能となり、早期の問題解決につながることが多いといえます。

■ 内情を知られずにおくことができる

競売手続きでは、裁判所により当該不動産について競売を行うことが公表され、最近ではインターネットサイトでも競売情報を閲覧することが可能となっています。競売の事実が公表されることは、物権所有者にとっては、借金問題を抱えていると公表されるにも等しく、大きなストレスとなることもあると思われます。一方、任意売却であれば、こうした点を回避することができ、どのような理由で不動産を売却したかという内情を知られるリスクを抑えることができるでしょう。